【合宿免許の実態】彼女を変えた14日間とは・・・

合宿免許の実態(作者:チンジャオ娘)はとある合宿免許が舞台です。
合宿免許は14日という短期間で免許を取得する事ができ、しかも合宿形式なので普通の免許取得より楽しいという点が人気となっています。

前田あずさは春休みのうちに免許をとるためにこの合宿免許に参加します。
免許を取ったら遠距離恋愛している彼のもとに行くのも簡単になります。
ところが、この合宿免許がかなりのクセモノだったのです。

普通の合宿形式で免許の勉強をするだけと思っていたのに、なぜか合宿参加者での懇親会があったのです。
もちろん、合宿免許に参加した受講生たちが自主的に行ったものです。
ところが、この主催者には狙いがあり、合宿免許に参加した女の子たちを喰い物にしようと考えていたのです。
女の子たちにお酒を飲ませ、酔わせたところをお持ち帰り。
お持ち帰りと言っても合宿免許なので、部屋に連れて戻るだけ。

あとは男たちが欲望のままに振舞うという碌でもないものだったのです。
前田あずさも合宿免許初日のこの懇親会の洗礼を受け、早々に男に喰われてしまいます。
彼のために合宿免許に参加したのに、いきなり彼の信頼を裏切ってしまったのです。
もちろん、あずさに悪意はありませんが、結果的に裏切ってしまった事は言い逃れできません。
なにしろ、あずさは処女だったので、喰われたことは彼と結ばれたときにすぐばれてしまうのです。

この一件だけで合宿免許に参加して後悔しすぎるくらいなのですが、さらに問題がありました。
この合宿免許の教官も十分すぎるほどゲスだったのです。
あずさが喰われたと聞いて、自分もそのおこぼれにあずかりに来たのです。
合宿免許の目的は免許を取る事。
もし教官に目の敵にされたら、取れる免許も取れなくなってしまうかもしれません。
歯を食いしばって耐えるあずさですが、教官は他の合宿免許生と組んで昼夜を問わずあずさを喰いまくります。

たった14日間で数えきれないほど喰われてしまったあずさ。
もう元に戻ることはできず、彼との関係も切れてしまいます。
純真だった前田あずさが合宿免許でボロボロにされるちょ~っとキツイ漫画です。。

H妹とド変態せっくすな日常

もしも妹がお兄ちゃん大好きでしかもド変態だったら・・・やることなんて決まっていますよね。
H妹とド変態せっくすな日常では家出してきた妹を家に泊めてあげることになったところから始まります。

そもそも家出してきて兄の家に来るなんて普通は考えられません。
家出して兄のところに行っても、兄の気分ひとつで家に連絡されて終わりです。
家出は”どこにいったのか判らなくなる”から家出であって、行き先がバレている時点でかなり致命的です。

まして年頃の女の子なら友達の家に行くのが普通でしょうし、そもそもなぜそんなことを下と問い詰めたくなってしまうのですが、実はこれには事情がありました。
実は妹は兄である主人公のことが大好きだったのです。
ここまでなら漫画でよくある設定ですが、この”H妹とド変態せっくすな日常”には続きがありました。

実は妹は筋金入りの変態ちゃんだったのです。
一応外聞はケチの付けどころがない完璧美女なのですが、いい子にしていた反動か内面はかなり歪んでいました。
その内面は主人公に歪んだ愛を捧げる子だったのです。
歪んでいるといってもストーカー的な事や反社会的な事はしないので、その点は安心できます。
歪んでいるのは愛情表現の方法でド変態なせっくすでしか、自分を確かめられないようです。

しかし、歪んでいたのは主人公もというオチがつきます。
服従してくる妹に対して、なだめるどころか支配的な行動に出るのです。
こうしていびつな主従関係が成立し、H妹は日常的にド変態せっくす三昧の日々を送ります。
傍から見ていると完璧美女が跪くのはエロくていいのですが、ふたりの関係は相当やばいです笑

そもそも妹が勉強を頑張る理由は、主人公の後についていき、いつでも調教してもらうためというド変態な願望が根底にあります。
それを理解しているのか主人公はさらにエッチな調教をしているので、ある意味救いようがない、別の味方をすれば幸せな関係になるといえるかもしれません。

密室処女

葉月美雨は年齢の割にはちょっと胸の発育が遅れている女の子です。
しかし、小柄な体とはかなげな印象がとにかく可愛い子で、美雨が通う塾では一番きれいな事して有名です。
その噂は塾生の間だけではなく、講師の方にも届いています。
しかし、噂が広がると悪いことも起こってしまいます。

「密室処女」ではこのうわさを聞き付けた塾の用務員によって美雨は密室にカンキンされてしまいます。
この用務員は木村といい、塾に通ってる女の子の間では変態だとか、危険人物だと言われていたのです。
美雨も木村が危険人物だとは知っていたのですが、まさか自分が密室に連れ込まれてしまうとは予測していなかったようです。
ミニスカートにキャミソールという服装の美雨は木村からすれば襲ってくださいと言っているようなものでした。
もちろん、美雨はそんなことは考えておらず、ただ可愛いから着ていたのですが。

木村のような危険人物と密室で二人きりとなった美雨は怖くて泣くことしかできません。
美雨は誰とも付き合ったことのない処女なのですが、木村が何をしようとしているのかくらいは判ります。
とにかく木村を刺激しない様に時間を稼いで、逃げ出すしかないのです。

かなり絶望的な状況ですが、美雨は自分自身を守るために努めて従順にふるまいますが・・・
果たしてどうなってしまうのか先が気になる漫画です。

同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。

ケンジの父親ケンイチは冴えないおっさん、だと思っていたのですが実はものすごいやり手だったという漫画です。
ケンジの通う学園で一番人気の女子生徒と言えば、幼馴染にでもあるエリカで異論を唱える者はいません。
ケンジも密かに片思いをしており、携帯の待ち受け画面はエリカのスクール水着姿(もちろん盗撮)だったりします。

幼馴染とはいえロクに話もできないケンジですが、親父は違いました。
親父はケンジと同じ学園で保険教諭をしているのですが、いつの間にかエリカを口説き落として、知らない間に結婚までしていたのです。
ケンジは親父のことをぼけーっとしたおっさんだと思っていたのですが、評価を改めないといけないようです。
それにエリカの評価についてもです。

可愛い顔していつの間に親父と付き合っていたんだと問いただしたくもなりますが、人の恋路でまともな回答なんて期待できません。
親父もエリカも「好きになったから」としか言ってくれないのです。
釈然としないケンジですが、エリカと同じ家で暮らすことができるようになった点では親父を評価するべきですね。
さらに言うと、親父はエリカが卒業するまでエッチしないと約束しているのです。
つまり、ケンジが最初をもらう(奪う)チャンスはあるのです。

ただ、エリカも「したくなったけど我慢したんだよぉ」と言っているように、エリカも割と自制的なのです。
果たしてケンジは二人の恋路の間に潜り込むことができるのか、気になってしまいますね。
ちなみに、エリカは自制心は強いようですが、無防備なのでチャンスはいくらでもありそうです。
「同級生は親父の嫁。ベッドの上では俺の嫁。」は久しぶりに目が離せない漫画になりそうです。

義父のぬるぬるマッサージ

みさとは学校の部活でバレエをやっている女の子です。
スポーツ少女にありがちなスレンダーではなく、結構むっちりとした身体つきなのですが、それが災いしてか、練習中に腰を痛めてしまいます。
バレエの大会間近なので、少し練習に熱が入りすぎたようです。
それにしても、ここにきてケガをしてしまうとは悔やんでも悔やみきれません。

家でも少し落ち込み気味のみさとを心配したのか、義父は「気休めにしかならないかも知れないがマッサージをしてやろう」と言ってくれます。
みさとは義父が整体師などの免許を持っているといった話は聞いたことがありません。
本当に「ただの気休め」程度なんだろうなと思ってしまいます。

勉強も忙しいのでただの気休めにあまり時間を使う気はないのですが、義父の好意を無駄にするのも悪いので少しだけマッサージしてもらうことにします。
マッサージって一度やったことがある人なら判るのですが、結構気持ちよくて病みつきになってしまいますよね。
みさともその例に漏れず、マッサージにはまってしまいます。
しかも、ただのマッサージではなく、義父のマッサージはある特別な仕掛けがあったのです。

そんなことを知らなかったみさとはまんまと義父の罠にはまってしまい、義父のぬるぬるマッサージから逃れられなく照ってしまいます。