女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。はボロアパートを舞台に繰り広げられるエッチなお話

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。はタイトルにある通り、女の子が落ちてきたことから人生が180度変わってしまう物語です。

主人公である壮介は高卒のフリーター。
不況のせいもあって給料は増えず、生活が大変なため少しでも時給の高い夜勤をしています。
仕事が終わって帰ってくるのは明け方で、次の出勤までの間は寝るだけというすさんだ生活をしています。

壮介にとって昼間は寝る時間ですが、他の人にとっては活動時間です。
壮介の住む家は2階建てのボロさ満点のアパートなのですが、この生活時間帯の違いがトラブルの元となってしまいます。
壮介の部屋の上の住人は女優志望の女の子なのですが、舞台のために昼間は部屋で練習をしています。
女の子からすれば、普通昼間はみんな仕事で誰もいないはずなので、心置きなく練習をしていたのです。
しかし、夜勤で疲れて昼間は寝ている壮介にとってそれは迷惑でしかありません。

それでも可愛い女の子が必死に頑張っているのに「やめろ」というわけにもいかず我慢していたのですが・・・
ある日突然、壮介の部屋に女の子が現れます。
現れたと言っても玄関から入ってきたわけではなく、部屋の天井が抜けて女の子が落ちてきたのです。
女の子にとってラッキーだったのは、落ちた先が壮介の真上だったので、けがをせずに済んだこと。
しかし、あまりに真上過ぎたので、落ちた先は壮介の息子の先っぽだったのです。
当然、そのままハマってしまいます。

女の子は2階から落ちたにもかかわらず、けがをしなくて済んだのですが、一方で同意なしの挿入をされてしまう羽目になります。
しかし、偶然とはいえクッションになってもらった壮介を非難することもできない女の子。
しかも結構気持ちよかったので、同意なしでハメてしまったとはいえそのまま本番をしてしまいます。

落ちてきた女の子も気持ちよくなって壮介と抱き合う始末です。
こうなってしまうと最後までヤらない方が損!ということで二人とも最後までやってしまいます。

しかし、物語はここで終わりではありません。
真昼間にアパートの床が抜けてしまうと、大家さんも気づいて駆けつけてきたのです。
このものすごい状況をどう切り抜けるのか・・・先が楽しみな漫画です。